ホーム »マンガ

マンガについて。

大人になってからマンガを読まなくなった。読み始めても、最後まで集めて読むとこまでいかない。中学生くらいのときは古本屋で長時間読んでいましたが・・・

今日は、1巻だけ持ってた、植芝理一の「ディスコミュニケーション・精霊編」が安く古本屋にあったので買いました。デスコミ本編の主人公、松笛くん・戸川カップルは今回は脇役ですね。植芝理一の次の作品、「夢使い」の主人公、三沢姉妹がメインキャラクターです。本編のデスコミは3巻から、異世界の敵に襲われるーな話になってしまいます。自分的には、1,2巻の松笛くんの変な要求に困る戸川とのやりとりのが面白かったな。あと松笛くんには人間でいてほしかったです。

で、「デスコミ・精霊編1-3」ですが、松笛くんが5年前に余計なことしなきゃここまでややこしくならなかったのでは・・・。しかも松笛くん、自分がやったことかなり話が進むまで忘れてるし;この話は、超常現象的にもとらえられるし、結局は人の心の中の葛藤と、現実がたまたま折り重なっただけ、ともとれるまとめ方をしています。興味のある方は読んでみてください。

ディスコミュニケーション精霊編(1) (アフタヌーンKC)ディスコミュニケーション精霊編(1) (アフタヌーンKC)
(1999/12/14)
植芝 理一

商品詳細を見る


自分的・泣けたマンガベスト(年バレ)

●スラムダンク

県大会まで。とくに、湘北のライバルである陵南高校バスケ部の心理描写すごい。フッキーの期間休部事件、キャプテンゴリ(名前がでてこない・・・;)の入部当時苛められて裏で吐いてて、田岡コーチが言葉をかけるシーン。もちろん湘北バスケ部のミッチーが帰ってくるところは有名ですね~。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」「バスケがしたいです・・・・・・」メガネくんがいい役どころですね。

SLAM DUNK 20 (ジャンプ・コミックス)SLAM DUNK 20 (ジャンプ・コミックス)
(1994/09/02)
井上 雄彦

商品詳細を見る

●3×3EYES

第二部、綾小路ぱい。ぱいが、敵の守人ベナレスから事実を知らされて、三只眼の体から、離れて化蛇に戻るシーン。泣きじゃくりながら、戦いで半身になった八雲に口付けし、「ありがとう」。ここはまじに泣き死ぬ。三只眼パイは、いい子だが、「自分のせいで人に迷惑がかかる」と思ってるので、「ごめんなさい」しか言わない。これを読んでから、日常的にも意識して「ごめん」より「ありがとう」言うようになった。ちなみに「3×3EYES」はこのあとものすごい続くのですが、なんかだれてくるのでこの辺までが一番面白いと思う。

3×3(サザン)EYES (1) (ヤンマガKCスペシャル (123))3×3(サザン)EYES (1) (ヤンマガKCスペシャル (123))
(1988/10)
高田 裕三

商品詳細を見る


あと、ipodtouchの、電源の切り方をきのう初めて知った。購入から半年ぐらい経ってるのに。本体上部の、ロックボタン長押しで、赤い「電源オフ」バーが出るので、左にタップ。
関連記事
スポンサーサイト

最新記事
カテゴリ
アーカイブ
タグ検索

動画 Perfume MMD 中田ヤスタカ モーショントレス アフィリエイト パソコン 鏡音レン MikuMikuDance mikumikudance ipodtouch 初音ミク 90年代 鏡音リン 料理 スマホ 今田耕司 イマヒガチルドレン コミュニケーション 宝石の雨 JPNツアー モーショントレース iphone gmail レシピ マンガ アクセス数 

検索フォーム
リンク
最新コメント
counter